目の奥がズーンとする理由は複数考えられる

めなり

様々な理由によって目の奥がズーンとした鈍痛が長時間続いてしまうという症状が現れることがあります。目の奥のズーンとした痛みが続いてしまう場合、頭痛やひどい時には吐き気を伴うこともあるため注意が必要です。

 

目の奥が痛くなってしまう原因は様々なものが挙げられます。

 

  • 風邪
  • 副鼻腔炎などの病気
  • ストレスなどから引き起こされる自律神経の乱れ
  • 眼精疲労

などです。

 

それぞれに目の奥が痛んでしまう原因は異なるためそれに合わせて対処していうことが必要となります。

 

眼精疲労などで引き起こされる場合

ストレスや疲労などが原因で目の奥が痛くなることもあります。眼精疲労などでも引き起こされますが、そんな時の対処方法としては濡れたタオルを電子レンジで温めて蒸しタオルを作ります。

 

その蒸しタオルを閉じた目の上に置いておき、目を温めることによって疲れやストレスを緩和することができます。長時間パソコンを使った後などに行うと効果的です。
また、パソコンを使って作業する時には一時間に一度は休憩を入れることも眼精疲労の改善につながります。

 

日常的に気をつけること

日常的なケアとしては、睡眠不足にならないようにしたり、正しい姿勢で作業を行う、部屋の明るさに気をつけたり、目の矯正が必要な場合には度数のあった適正なメガネやコンタクトレンズを使用することなどが必要となります。めなりなどのアイケアサプリを飲むこともおすすめです。

 

風邪や副鼻腔炎などの病気が原因の時にはその病気自体を改善していくことが大切です。

 

病気にならないためには清潔や健康に気をつけて病気にならないようにすることが一番の予防策と言えます。

 

目の奥の痛みとともに物がゆがんで見えたり、一部が見えない場所があるという時には緑内障が疑われます。比較的年配の人に多く、緑内障で失明してしまうことまるため注意が必要となります。

 

発作のように痛みがある場合には、群発頭痛の疑いがあります。脳に血液を運ぶ血管に一時的な拡張や視床下部の異常などで起こり目がえぐられるように痛む強烈な頭痛です。

 

薬物治療などで改善できますが、飲酒やタバコなどの誘発してしまう要因を取り除いていくことも重要といえます。

 

日増しに痛くなったり、吐き気がひどくなってしまうという場合には、脳に腫瘍ができていたりすることも考えられるため病院で検査することをおすすめします。