テレビやパソコンの画面がまぶしいと感じたら放置しないで

めなり

 

普段、生活をしていると、テレビやパソコンなど画面を見る機会も増えました。

 

特に、近年ではスマホの普及もかなりのもので、大半の人がスマホを片手にインターネットで情報をみたり、連絡手段として利用、また暇つぶしのゲームなどをしている光景をみることがあります。

 

テレビでは、さまざまな情報や、娯楽などとして楽しむことができます。

 

パソコンやスマホではインターネットを通じて膨大な情報の中から自分の好きな情報を調べたり、インターネット上で知り合ったもの同士で簡単にコミュニケーションをとれる時代になりました。

 

そのため、つい時間を忘れ長時間モニターなどを見つづけてしまうこともありますが、これは、目にとってはかなりの負担になります。

 

そのため、画面を見て眩しい、チカチカする、痛いと感じるようになったら、目がかなり疲れている可能性があります。

 

その場合には、休息をとったり、窓から遠くの景色を眺めたりしてみることも大切です。

 

また、生活を振り返り、目にかなりの負担になっていたかどうかをチェックして、できるだけ改善していくことが大切です。

 

画面を長時間見続け、画面が眩しいと感じる生活をしている場合には、ある程度その時間を減らすことも対策の一つになるでしょう。

 

また、画面の明るさを設定などから調節をするのも有効な手段です。

 

また、近年ではアプリなどでもブルーライトを軽減するものなども開発されているため、負担を減らすためにそのようなアプリを使ってみるのもいいでしょう。

 

その他にも、メガネなどで対策をするのも、一つの手段です。

 

ブルーライトを軽減するメガネなども開発されているため、普段メガネを使用している方は、普段しているメガネをブルーライトカットされているメガネに買い替えをしてみて、試してみるといいでしょう。

 

さまざまな対策や改善をして、眼精疲労などにならないように日頃から心がけていくことで自身の眼に負担がかからないようにしていくことが大切です。

 

また、体の内側からのケアとしてブルーベリーやビルベリーサプリを利用してアントシアニンルテインといった目に良い栄養も摂ると良いでしょう。