めなりの効果が実感できない人の特徴

めなり

めなり」という眼精疲労やドライアイに悩んでいる人に効果があると言われているサプリメントをご存知でしょうか。人によっては効果を感じられないという人もいるようです。

 

「めなり」にはブルーベリーの5倍ものアントシアニンが含まれているビルベリーが100%配合されていたり、天然のサングラスとも言われているルテイン、ゼアキサンチンが豊富に含まれています。また、サポート成分のクロセチンやビタミンEの1000倍のパワーがあると言われているアスタキサンチンも配合されているのです。

 

さらに、補酵素・ビタミン・ミネラルなどが9種類も入っていて、目の粘膜保護に役立ったり、疲れ目などの予防などに役立ってくれるサプリメントとして効果があると言われています。

 

これだけ目の事を考えた成分が入っているのめなりがなぜ効かないと感じる人がいるのでしょうか。

実際「めなり」を服用している人の多くが、パソコンやスマートフォンをよく使用しているという背景があります。実はいくら成分の良いサプリメントを飲んでいても、パソコンやスマートフォンを多用しているとブルーライトの光によって網膜に炎症を起こしてしまうことがあるのです。

 

ブルーライトというのは、紫外線に最も近い光と言われ、目にとても良くないものなのです。

 

それを日常的に浴び続けていると、目の網膜を傷つけていることと同様であり、いくら良い成分を摂取しても改善していないと感じてしまいます。

 

もし「めなり」を服用して改善をしたいと考えるのであれば、日常的なパソコンやスマートフォンの使用頻度を減らすなどの対策をするなり、PCグラスや照度を変更する、ブルーライトを遮断をするフィルムを貼るなどの対策が必要となってくるでしょう。

 

「めなり」を飲んでいるから他のことはしなくていいと思っているから、実感できないと感じてしまうのです。

 

サプリメントはあくまでも補助的な役割をしているものであるということを忘れてはいけませんし、短期間の使用では実感するまでに至らないことも多くある話です。サプリメントは短くても3か月間続けることが必要なのです。効かないと感じている人ほどこれらのことを忘れている、もしくは知らないという人が多いようです。