ルテインのパワー

目の網膜の中で視力にかかわる最も重要な部分は黄斑です。
ルテインはその黄斑細胞に多く存在しています。加齢黄斑変性は、加齢と共に黄斑機能が変質する病気です。視力の低下や失明などが起きてしまいいます。

 

ルテインやゼアキサンチンを補給しよう

黄斑中にルテインやルテインが変化したゼアキサンチンのレベルが高いほど、網膜を障害する高エネルギーの青い光が吸収されて、加齢黄斑変性のリスクが低下することが知られています。

 

加齢黄斑変性に総合サプリメントが有効です
ルテインやゼアキサンチンを中心に抗酸化力を持つβカロテン、αカロテン、ビタミンC、E、亜鉛などを含む総合的なサプリメントの服用が加齢黄斑変性の進行を抑えることが報告されています。

 

黄斑色素を増やし治療効果を高めましょう
高エネルギーのブルーライトや喫煙は網膜中で大量の活性酸素を発生させ、黄斑を傷つけたり、また不必要なもろい新生血管を目につくったりします。ルテインの摂取は黄斑の色素形成増大につながり、治療の相乗効果を高める働きがあります。

 

>>ルテイン配合めなりサプリはこちら