ブルーベリーとビルベリーの違いはアントシアニンの量

めなり

 

液晶テレビ、パソコン、スマートフォンなどの登場により目を酷使する機会が増えてしまっています。

 

大人だけでなく子供まで眼精疲労をうったえることがあるので注意が必要です。

 

中高年になると老眼の人が増えますが、子供にも若年性の老眼が増えています。

 

パソコンやスマートフォンを利用する時間が長くなっていることが問題です。

 

強い光を浴びながら小さな文字を見続けたり、ゲームをすると速い動きを目で追うことになります。

 

それらが目を酷使しているのです。それだけではなく目に悪影響を与えるブルーライトの問題があります。

 

ブルーライトを遮るメガネが安く売られているのでメガネを使う必要性もあります。

 

酷使した目に栄養を与えることも大事です。

 

眼精疲労や老化を防ぐことに効果的はサプリメントが多数発売されています。

 

目に効果的な栄養といえばアントシアニンがあります。

 

ブルーベリーに多く含まれる成分です。

 

ブルーベリーを直接食べるより多くのアントシアニンをとるにはサプリメントが効果的です。

 

それだけでなくさらに効果を上げるためにはビルベリーがあります。

 

ビルベリーを食べることはなくてもサプリメントなら簡単にとることができます。

 

ブルーベリーとビルベリーの違いはビルベリーのほうが圧倒的にアントシアニンの量が豊富なことです。

 

アントシアニンをとることによって以下のような効果が期待できます。

  • 見えていたものがはっきり見えるようになる
  • 眼精疲労の緩和
  • 眼球内の血流が良くなる
  • 紫外線などの有害な光から目を守る

 

ブルーベリーにはアントシアニンだけでなく抗酸化作用のあるポリフェノールが豊富です。

 

それに食材をしてもそのまま食べてもおいしいですし、ジャムなど加工食品に多く使われています。

 

ブルーベリーは優れたものですが、アントシアニンの豊富さだけに関すればビルベリーが優れています。

 

最近のサプリメントはこちらのほうが多く使われるようになっています。