強力な抗酸化作用を持つゼアキサンチン

めなり

 

めなりにも配合されている天然色素のゼアキサンチンは、目に良いとされる成分です。

 

抗酸化作用の強いゼアキサンチンは、目の黄斑部を守る働きをします。

 

そのため、太陽光に含まれる紫外線やスマホの画面などから発せられるブルーライトから、目を守ることが役割をしてくれています。

 

また、目の黄斑部を守る働きは目の病気から守る効果にも繋がり、白内障や近年日本でも増えている黄斑変性症の予防にも効果があるとされています。

 

具体的には、抗酸化作用が強いことで目の酸化を遅らせることができて、それが目の病気を予防するとされているのです。

 

食の欧米化によって、日本人には少なかった目の病気を発症する人が増えているので、ゼアキサンチンは積極的に摂取したい成分でしょう。

 

ゼアキサンチンを摂取できる食品は、ほうれん草やパプリカなどの野菜で、特に良いのトウモロコシなどの黄色い野菜です。

 

緑色の野菜より黄色の野菜の方が多く含まれていますから、ゼアキサンチンを摂取するなら、トウモロコシなどの黄色い野菜や果物を多めに食べるのが良いでしょう。

 

ただし、緑色の野菜であるほうれん草には、同じような作用を持つルテインも含まれています。

 

目に良い効果のある成分を同時に摂取できるので、全く無駄になるわけではありません。黄色い野菜や果物以外では、卵にも多く含まれています。

 

目を守り白内障などの病気を予防するためには、黄色い野菜や卵を積極的に食べるようにして、ゼアキサンチンを積極的に摂りましょう。

 

食事からでは不足するようであればめなりなどのアイケアサプリを利用しましょう。