もしかして私、スマホ老眼?

何だか近くの物が見づらい、でも老眼になるような年齢ではないはず。

 

以前は40代後半から自覚症状が出ていた老眼ですが、スマホを使うようになってから、20代〜30代でも手元が見えにくくなるスマホ老眼が多くなっています。

 

もしからしたら、スマホ老眼かも?

 

と思った時は、その場でできる簡単な方法で近点をチェックしてみましょう。

 

まずは、目の前に人差し指を立てて指紋を眺めます。

 

そこから指を少しずつ離していき、指紋がくっきり見えるようになったところで指を止めて、顔と人差し指の間隔を測ります。

 

この間隔が30cm以上の場合、近くの物が見えにくいスマホ老眼になっている可能性が高くなります。

 

近点というのは、ピントを合わせられる最も近いポイントのことで、最も遠いところが遠点で、近点から遠点までの間が見えやすい範囲になります。

 

今度はスマホを使っている状況をチェックしてみましょう。

 

  • スマホを見る時に顔に近づけて見ている
  • 長時間スマホを見続けている
  • 画面の設定がかなり明るい
  • 夕方になると画面が見づらくなる

 

以上のチェック項目に当てはまっている場合、スマホ老眼対策が必要になります。

 

スマホ老眼になっていると、眼に症状が出ることもあります。

 

眼が乾いてきて、眼の奥に痛みを感じたり、眼が充血することもあるので、目薬をさしたりまばたきをして、時々遠くを眺めて目を休めることも大切です。

 

頭痛や肩こりが出ることもあるので、首を回したり、眼を温めておくと血流が良くなって筋肉がリラックスして、疲れ目や疲労が和らいできます。

 

毛様体筋という筋肉が疲れてくると、ピントを合わせる機能が低下してくるので、毛様体筋の体操をしてスマホ老眼対策をします。

 

この体操は、まぶたをギュッと閉じてから大きく開き、目玉を上下左右に動かすだけなので簡単にできます。

 

また、スマホ老眼が進んでくると細かい文字が見えにくくなるので、画面を見る時にスマホを離して見るようになり、特に強い光ではないのにまぶしさを感じることもあります。

 

ブルーライトをカットするメガネをかけたり、画面にフィルムを貼っておくと、眼の負担が少なくなります。