クロセチンは、黄色の天然色素です

クロセチンはクチナシの実やサフランなどに含まれていて、目に良い効果があるとされています。

 

具体的なクロセチンの効果は、眼精疲労の軽減です。

 

目に疲れが溜まる理由は、毛様体筋のコリに原因があります。

 

毛様体筋は伸び縮みすることで、レンズの役割をする水晶体の厚みを調整しピントを合わせます。長時間近くの物を見ていると毛様体が緊張して、凝り固まり眼精疲労になってしまうのです。

 

分子量が小さなクロセチンは毛様体筋に直接作用し、たまったコリをほぐすことができます。

 

そのため、眼精疲労を取り除くことができて、目がスッキリとするのです。

 

また、疲れ目になると肩も凝ってきますが、これは目の周りの血流が悪くなると同時に、首の周りの血流も悪くなるからです。

 

クロセチンにはコリをほぐす効果の他に、血流を改善することもできます。

 

眼精疲労を取りながら首の周りの血流も改善してくれるので、肩こりも解消することができます。血流を改善する効果は、肩こりの解消だけではありません。

 

血流が悪くなると必要な栄養素や酸素が体中に行き届かず、疲れを感じやすくなったり免疫力が低下します。

 

また、活性酸素も増えてしまい、老化の原因にもなります。

 

クロセチンで血流を改善することができれば、隅々まで人間に必要な栄養素や酸素が行き渡るようになり、身体の調子も良くなるでしょう。

 

体内の活性酸素も減らす作用もクロセチンにはあるので、老化の防止にもなります。

 

当サイトでおすすめしているめなりにもクロセチンが配合されています。